当日ホイール修理!レザーシートのスレ・ヒビ割れリペア!コンクリ部分補修 リペア職人!佐藤企画のブログ

埼玉のホイール修理・レザーシートひび割れ・タバコ穴・ダッシュボードの傷やべたつき、コンクリの色ムラ・ヒビ・ジャンカなどの部分補修 リペアの施工事例を中心に

埼玉県川越市の当日ホイール修理、レザーシートひび割れ補修 コンクリ部分補修 リペア職人!”完全予約制”佐藤企画の施工例を中心にアップするブログ

鳴門の渦潮

鳴門のうずしおを見ようと、

「わんだーなると」という観潮船に乗りにいきました。



 聞くと、潮の満ち干きのピーク、

 前後一時間半くらいが渦潮の出る時間とのことで、

 9時の船では見られそうにないと。
110505鳴門の渦潮

10:40の船ならある程度見られると思いますと、

券売所のおねえさんのアドバイスを受け、

それまで待つことに。



 その時間には沢山の観光客が乗り場のある売店





やっと時間になり船に向かって行くと、

岸壁の下には大量のクラゲが漂っていてギョギョギョ


  透明のクラゲではなく、茶色っぽくて縦に線が何本か・・・





そして走り出す船「わんだーなると」乗船券1500円。


14ノットとアナウンスがありましたが、

走り出すと風が冷た~い


  晴れていたので薄着で し た。





いよいよ鳴門海峡大橋の下、お待ちかねの「うずしお」は・・・・
110505鳴門の渦潮

写真で見ていたような大きな円の渦はなく、

みんなちょっとガッカリしてました



なんだか期待はずれだったため、

本当は渋滞を警戒して早く帰路へという計画でしたが、

渦潮のピークとなる12:50に鳴門海峡大橋にある、

「渦のみち」に行くことに 


  500m近くある橋の通路は500円也。


風に吹かれながら歩いていくと・・・
110505鳴門の渦潮

真下が見えるガラスの床が

高さは45m位らしいですが、結構こわい。



一番渦っぽい場所が橋の真下に近いため、

みんな一箇所に溜まって下を眺めてました
110505鳴門の渦潮

船で見たときより、多少渦らしい感じがしましたが、

やはり、ポスターの渦とは違い形がハッキリしませんでした



それでも鳴門の景色は、

埼玉県民にとってはとても新鮮でしたぁぁ
110505鳴門の渦潮


14時半ころ鳴門を出発し、

やはり渋滞に苦しめられました
110505渋滞s-

19時半から22時くらいの間は

事故があったりでのろのろのひどい渋滞でしたが、

そのあとは徐々に空いてきて、

翌3時過ぎに帰宅となりました

 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへにほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へにほんブログ村 車ブログ カーライフへ